看病

2019.01.23(13:47) カテゴリ:Essay

先週末より、妻と娘がインフルエンザで寝込んでいます。

高熱でウンウン唸っている二人を見ているのは本当に辛い。。

狭い空間に一緒に生活しているのに、何故かピンピンしていて元気ハツラツな私。

日中は二人の看病に奔走し、寝静まった夜に仕事をしています。

二人を看病している最中の私の脳裏に浮かぶのは、幼い頃病気に罹った私を看病してくれた母親の姿です。

幼い私に注いでくれた母親の愛情が、今、私を通じて妻と娘に注がれているように感じています。

気が短く、決して優しばかりではない私ですが、最も大切な隣人である妻と娘が弱っている時だからこそ、普段は形として姿を現しにくい愛情が顕現するのかも知れない、と思ったりなんかしています。

ともかく、二人が早く快方に向かいますように!