ゆい・ゆい本舗での展覧会の搬入作業完了

2020.07.01(22:38) カテゴリ:Essay

とても暑く蒸し蒸しする一日。

明日から始まる旭川市の隣町・東神楽町にある、ゆい・ゆい本舗での展覧会「MITSUI+WORLD2020 2nd」の搬入作業に行ってきました。

ゆい・ゆい本舗はハンディキャップをお持ちの方が働く飲食店で、リーズナブルで美味しい料理を楽しめるお店ですが、店内には広い壁があり、そこを1ヶ月単位で展示発表を希望する方にお貸しいただけます。近隣で活動なさっている画家や写真家、イラストレーターやクラフト作家が毎月素敵な作品を展示しています。

以前開講していた私の絵画教室の生徒さんだった方がここでグループ展をしていて、それを観に行ったご縁で、ゆい・ゆい本舗で展覧会をさせていただく運びになりました。

私も今から20年以上前に精神的に参ってしまって精神病院に入院。デイケアに通っていた時に、病院内の喫茶室でトレーニングをしていた経験があることから、このゆい・ゆい本舗で働いている人たちを見ていると、過去の自分を見ているような気持ちになります。

接客業は本当に大変です。安心・安全で美味しい料理の提供はもちろんのこと、いろいろなお客様がみえるので臨機応変な対応が迫られますし、高いコミュニケーション能力が求められます。健常者でも難しい仕事を、ハンディキャップをお持ちの方が果敢にもチャレンジしている姿にエールを贈りたい気持ちになります。

搬入作業は3時間半に及び、クタクタになってしまった私。

お腹も空いたので、1200円で1500円分のお買い物ができる回数券を購入して、カレーライスの大盛を注文しました。しばらくしてやってきたのは「カレーのプールや〜」と思うくらいの量のカレーライスでビックリ。大喰らいの私でも「食べられるかな・・」と不安になる量でしたが、食べ始めると意外や意外、サクサクとスプーンが進みほどなく完食。軽やかなさらっとしたルーなので、見た目の量とは裏腹にテンポよく食べ終わってしまいました。とっても美味しかったです。

近隣の有名店から材料を仕入れているランチメニューを、展示期間中にこのブログで紹介できたらいいな、と思っています。

広い壁一面に展示されたたくさんの作品の中には、この展覧会のために描いた新作もあります。

是非ともゆい・ゆい本舗に足をお運びいただき、ご飲食のついでに私の作品をご覧いただけましたら幸いです。

ゆい・ゆい本舗のFBはコチラ→ https://www.facebook.com/pages/ゆいゆい本舗/253546604764445