年賀状

2021.01.04(14:01) カテゴリ:Essay

年末年始は慌ただしく、時間に追われる現代では、年賀状を書くのも大変な時代です。

メールやSNSなどもあり、わざわざ手間とお金をかけて年賀状を出す必要性はないのでは? と、思われる方が多いのも非常に理解できます。私自身も少し大変と感じますが、やっぱり年賀状をもらうと嬉しいものですよね。

デジタル全盛の時代ではありますが、だからこそアナログな生き方、手法に重心を置きたいと思う私がいます。

メールでよいけれど、あえてハガキでお礼をお伝えしたり、デジタルで絵を描いてもよいけど、あえて手描きで絵を描いたり、と意識を変えてきています。

人間を取り巻く環境が大きく変化しても、人間の「生の営み」は変わらないと思います。

デジタルを否定する訳ではなく、文明の利器を活用しながらも、アナログな要素の割合を生活の中で増やしていきたいのです。

人間はやっぱり血の通った生き物ですし、アナログ的な要素に心穏やかになるものなので、今年は「生の感触」を大事にした生活にしていきたいと思っています。