躓きの石

2021.01.22(8:00) カテゴリ:Essay

人生を振り返って、「あの日、あの時がなかったら」と思うことがあります。

ちょっとしたタイミングのズレから、ボタンのかけ違いのようにその後の人生が大きく変わってしまうことを経験した15歳の春。

多くの人たちの助けを得て少しづつ浮上しつつある私ですが、その後遺症は今でも私の人生に大きな陰を落としています。

でも、その「躓きの石」が「私を向うべき方向に向かわせた」とも言えます。

主観的であっても「躓きの石」を肯定的に受け止められるなら、私の人生は明るく、より豊かなものになっていくように感じています。