どうも、すみません。

2021.01.31(5:00) カテゴリ:Essay

人の前でお話しする機会があったのですが、練習不足で大失敗をやらかしてしまい激しく混乱してしまった私。

「大丈夫だよ」とか「たまにはああ言ったことも面白いよ」と、周囲の方々に励ましていただいたのですが、恥ずかしいやら自責の念のとらわれるやらで「どうも、すみません。」を辺りかまわず連呼しています。

仕事をしていても「どうも、すみません。」、食事をしていても「どうも、すみません。」、買い物していても「どうも、すみません。」、お風呂に入っていても「どうも、すみません。」、トイレに入っていても「どうも、すみません。」と言った具合に。

「どうも、すみません。」「どうも、すみません。」「どうも、すみません。」と、ずっーと「どうも、すみません。」を連呼しているので、さすがの妻も心配気味で、「やすしくんの失敗が普段お話ししない人たちとの会話を生んで、結果よかったんじゃない?」と言ってくれてます。ありがたや。

時間が経てば次第に落ち着くと思いますが、大失敗の状況が脳内で突然再生されるので、その都度反射的に「どうも、すみません。」が口から出てしまうので困ります。

しばらくは、「どうも、すみません。」が続くと思われる私です。