絵を描くって楽しいな!(「初恋」制作風景)

2021.02.24(6:00) カテゴリ:Essay

以前、デジタルで描いた作品を改めて手描きで描いています。

デジタルはデジタルの良さがあり、デジタルでしか表現できないこともあります。

と同時に、手描きは手描きならではの表現があり、鑑賞者への伝わり方もまた違ったものになるのも事実です。

30歳まではずっと手描きで描いてきましたが、行き詰まりを感じてしまい、一旦デジタルに移行して、他の表現方法の経験を手描きにフィードバックしようと計画してきました。

手描きで制作するには、制作環境を整えたり、気持ちを整えたりと、少しばかり生活にゆとりがないと向き合えず、慌ただしい毎日だとなかなか落ち着いて描けずにいましたが、子どもの成長と共に、少しだけ精神的にも時間的にもゆとりを感じられるようになり、ちょっとずつですが絵筆を進めています。

画力がある訳でもないので、自分自身の能力の範囲内での表現に制限を感じていますが、そもそも私が絵を描き始めたのは精神的なリハビリのためのようなものであって、自分自身がのびやかに、楽しく描くことができたらそれで佳いと思っています。

気張らずマイペースに、楽しく絵筆を進めていきたいと思います。