一人相撲

2021.03.29(5:00) カテゴリ:Essay

「に〜し〜、やすしの海〜。ひが〜し、やすしの山〜。見合って、見合って、ハッケヨイ!」

と言った具合に、私の頭の中では、妄想と妄想とが相撲をとりはじめます。

高校時代からこの脳内一人相撲は熱戦を繰り広げていて、何十年も経った今でも激しいぶつかり合いをしています。

過去のつらさに、必死で対抗する私。

つらいことばかりではなく楽しいこともあったはずですし、私だって周囲につらい思いをさせてきたはずなのに・・・。

「自分勝手だよなぁ・・」

と、しばしば自分に呆れてしまうのですが、土俵上の力士たちはずっーと熱戦を繰り広げていて、勝敗がつきそうにありません。

どちらかのまわしが取れて、「勝負あった!」となってくれる日が来るといいな、と思わずにはいられません。