小さなこと

2021.04.24(4:00) カテゴリ:Essay

マザーテレサは「小さなことに心を込めて行うことの大切さ」を説いていた、と聞きます。

絵を描く人生を志した時から、漠然と「大きな理想」を掲げていた私。コンペで賞をいただき、上京してからは人に恵まれ、才能豊かな人たちの輪の中で刺激的な毎日を送っていたのですが、いつもどこか違和感を感じていました。

イラストレーションの仕事が順調だった時期、仕事が続く嬉しさを感じる反面、底知れぬ不安がつきまとっていて、動き始めた人生の方向に必死で抗う私がいました。

その後東京を離れ、月日が経ち、現在に至る訳ですが、このマザーテレサの言葉は、私が絵という表現でやりたかったことを端的に示してくれているように感じたのです。

私は大きなこと(=斬新な表現や露出度の高い仕事)がやりたかった訳ではなく、むしろ小さなこと(=自分ができること)を、丁寧に心を込めて行うことがやりたかったんだ、と。

どこか遠くにいる不特定の人に向けてではなく、今、私の目の前にいる隣人のために、私ができることを心を込めて行うことこそが、なにより大切であることを理解したのです。

自分の本当の気持ちが理解できたら、なんだかとても心が軽くなってウキウキしてきた私。

私の人生も後半戦。

自分ができることを、ひとつひとつ丁寧に心を込めてやって行きたいと思っています。