超能力

2021.06.09(6:00) カテゴリ:Essay

時々、「この日本社会を生きていくには超能力が必要」と、感じることがあります。

相手の話している真意を理解することが非常に苦手で、本音と建前の区別がつかず、戸惑うことがとても多いのです。

元来、読解力に乏しい私はコミュニケーションが非常に難しく、相手の言っている意味がよくわからないことが頻繁にあって混乱することが多いですし、妻の翻訳によってようやく理解できることが多々あります。

このような私なので、人付き合いで疲れてしまうことが多く、結果として部屋にこもってできる絵や本作りをする人生になりました。

相手が話している真意を読み解くことや、言葉に表されていない隠された意味を理解することは、ハッキリ言って超能力の類だと思いますし、こういった様々な超能力を持っていないと、この日本社会では生きていけないのではないか、とすら思ってしまい、怖気づいてしまう40も半ばになった私です。

高校時代で集団生活からドロップアウトしてしまった私は、超能力を駆使しなくても良いような、のんびりした人生の歩みをするしかないんだなぁ、と、改めて思ってしまうのです。