ただの犬

2021.06.12(16:24) カテゴリ:Essay

妻はたびたび私のことを「気ままな忠犬」と称します。

家の中で「ワンワン」と吠えたてたり、お手をしたり、尻尾ならぬお尻を振ったりしてゴロゴロしている私を見て、こどもがポツリと、

「ただの犬だね」

の一言。

忠犬ならぬ、ただの犬。

た、確かにそうかも知れませんが、面と向かって言われると、なんとなく「まじぴえ〜ん」となってしまう、ただの犬な私です。