コロナ禍の不安

2021.06.28(21:00) カテゴリ:Essay

私のこどもが、コロナ禍の毎日を過ごしていることに対して、不安を訴えます。

テレビをつければ不安を煽るような報道ばかりですし、学校でも窮屈な生活を強いられていて、不安で怖いと泣いて訴えます。

もともと繊細な感覚を持っているので、より敏感に感じてしまうのでしょう。

不安と恐怖を訴えると同時に、矛盾に満ちた政治を行う政府にも怒っています。

小さなこどもをこんなに苦しめるのはやめていただきたいです。

新しい脅威で不明なことが多いコロナ・パンデミックではありますが、まずは命を守ことを第一にした国民にやさしい政治を行なっていただきたいです。