自分の生き方

2021.07.30(21:52) カテゴリ:Essay

最近、仕事をご依頼くださったクライアントからお褒めの言葉をいただくことが多くて、とても嬉しいと感じることが増えています。

40半ばに差しかかる私ですが、40代に入ってから「自分の生き方」みたいなのがハッキリしてきて、だんだんと気持ちが楽になってきています。

多分、徐々に「死」に向かう実感に伴う良い意味での「あきらめ」もありますが、「自分の生き方」をハッキリさせてくれる「言葉との出会い」もあります。

後世を生きる我々に残してくれた先人たちの「言葉」。

この「言葉」を残した先人たちにはハッキリと見えていた「世界」があって、残した「言葉」から、ほんの少しだけど、その先人たちが見ていた「世界」に触れることができるような気がしています。

周囲を見渡してみれば素晴らしい才能をお持ちの方はたくさんいますが、この社会において私だって存在して良いはずですし、私の絵やデザインを喜んでくださる方もいて、そういった方々に向けて心を込めて丁寧に仕事をすれば良いと思うようになりました。

ドツボ期もたびたびあったし、紆余曲折、山あり谷ありの人生ですが、ようやく自分自身に居心地の良さを感じられるようになって、なんだかホッとしている自分がいます。

この地球や社会がどのように変化するのかは全くわかりませんが、この世界において、少しでも隣人たちに喜びを届けることができる存在になれたらいいな、と思う私です。