学び直し

2021.12.30(0:00) カテゴリ:Essay

かけ違ったボタンから、人生が大きく変わってしまうことがあると思っています。

私にとっては高校に上がる前の春休みでした。

かけ違ったボタンは、だんだんと大きく外れていき、当時の私にとっては受けきれない苦しみとなりました。

底を打った二十歳から、ゆっくりと浮上していきましたが、ポッカリと空いた空洞を抱えたまま生きていて、「あの時」から時間が止まったままの感覚で生きていた私。

そんな私ですが、カトリックの洗礼を受けたのちに結婚し、そこからようやく止まったままの時間が動き始めた感じがしていて今に至ります。

そして今、かけ違ったボタンから当時学ぶことができなかったことにチャレンジし始めています。

家庭生活の運営や仕事など、慌ただしい毎日ですが、そんな中でも時間を作って学び直しをし始めると、なんとも言えない充実感を得ることができて、幸せな感じに包まれます。

やりたくてもできないことは、人生においては多々ありますが、生きている間に「やり残した感」は出来るだけ無くしたいと思っていて、できるところからの学び直しをしようと決意しました。

できなかったことができるようになると自信がつきますし、更に前に向かって進んでいく意欲が湧いてきます。そしてなにより学ぶことは楽しいし、自分のことが好きになれるのです。

できない自分を責めたり、失った過去を恨んだりもして来ましたが、遠回りをだいぶしてきたけどようやくスタートラインに立てた気がしています。

今年、私の内に生まれたこの希望の灯火を、来年は少しずつ大きくしていきたいと思っています。