寂しさが好き

「寂しさ」が好きです。 賑やかなところやたくさんの人たちがいるところが苦手で、学校生活や人と密に関わる仕事がなかなか大変であった私。 学生時代は教室よりも図書室や保健室にいることが多かったし、成長と共に独りでいることを好 […]

続きを読む

女性の直感

今から10年以上も前の話。 結婚をして東京を離れて、郷里山梨県で新生活を始めた頃、妻が用事で東京に出掛けるので甲府駅まで送ったのですが、改札に続く階段を登っていく妻の後ろ姿を眺めていたら、背後から声をかけられました。 振 […]

続きを読む

明るさを作り出す力

妻や娘に、「変わっている」と、よく大笑いされます。 自分としては普通だし、変わっているとは思っていませんが、確かにおかしなところもいっぱいあって、妻や娘の反応も頷けます。 私は小さい頃から周囲と同じように振る舞えず、はみ […]

続きを読む

呪いの言葉

娘がたびたび私の頭に手を置いて、小刻みにこすりながら、 「髪の毛、抜けろ〜。髪の毛、抜けろ〜。」 と、呪いの言葉を唱えます。 ただでさえ髪の毛少ないんだから、やめてくれ〜。(泣)

続きを読む

吉兆の予感

私はたまに吉兆と思われる「幻」と「夢」を見ます。 「幻」は、あるはずのないところに、瞬間、「何か」が漂っているのが見えるのです。 「夢」は、「あるもの」が夢の中に現れるのです。 過去の経験から、この「幻」や「夢」を見た後 […]

続きを読む