魔法の消しゴム(2018)

今の日本の若年層の死因第一位が「自殺」という悲しい現実。

特に、小学生や中学生がいじめを苦に、自らの生命を絶ってしまうニュースを聞くたびに、いたたまれない気持ちになってしまいます。

自らの生命を絶ってしまうほどに苦しんだ子供達の心中を想像すると、非常に辛く悲しく、涙がこぼれます。また、自らの生命を絶たないまでも、学生時代に受けた心の傷は、生涯その人を苦しめ続けます。

私自身にも辛く苦しい過去はあり、その記憶を魔法の消しゴムで綺麗に消すことが出来たらどんなにいいだろうか、という想いをずっと持ち続けていました。

今、苦しみの最中にいる子供達の心中と、自分の抱えてきた想いを重ねてこの絵を描きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『Eraser of the magic』(2018)

The cause of death first place of the present Japanese young group is sad reality called “the suicide”.  Whenever children hear the news that committed suicide for bullying, I grieve deeply. The past that is hard for me has a memory and thinks that I should be able to delete the memory with an eraser of the magic. I repeated the thought that children and oneself whom there was in the middle of pains held and just pictured this picture.