ナガイヨル

失業率の高さが社会問題となっていた時に描いた作品。大都会・東京の街角で、頭を垂れてうなだれる若者。その姿をみて「明けぬ夜はない」という想いで描いた作品。