ナガイヨル(2002)*POSCA

東京に住み始めた20代半ばは、失業率の高さが社会問題となっていました。

当時、百貨店の深夜の清掃のアルバイトをしていたのですが、職場の仲間は大体私と同じくらいの20代の人たちでしたが、生活にとても困窮している人もいました。

バブルが崩壊して就職氷河期に見舞われて就職できず、アルバイトを掛け持ちして生活していたTさんは国保にも加入できていない様子でしたし、Kさんはご自身も経済的に余裕がないのに、更に困窮していると思われるご実家に仕送りをしているとも聞きました。

ニュースで流される不景気による失業率の高さを、一緒に仕事をする仲間の姿からより一層深刻な問題として受け止めていました。

大都会・東京の街角で、頭を垂れてうなだれる若者。

その姿をみて「明けない夜はない」という想いで描いた作品です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『Long night』(2002)

The youth who bows its head in a corner of big city Tokyo. The work which I drew in the thought “morning comes before long.”