山梨ダルク物品寄付のお願いフライヤー

薬物依存症回復施設で、自著『福音ソフトボール』の舞台となった山梨ダルクは、全国の温かな善意によって運営されています。

以前、食料をはじめとする日常生活での必要品が足りないという窮状を聞いて、このフライヤーをお作りしました。

「お米」「シャンプー」「調味料」「石鹸」「自転車」など、ご家庭で眠っているものがありましたら、お譲りいただけないでしょうか?

山梨ダルクのスタッフから「支援者の数に比例して、回復者も増える」と聞いたことがあります。皆様のお気持ちを少し分けてくださいましたら、薬物依存症で苦しんでいる人を回復に向けることができます。

どうぞよろしくお願いいたします。