ばとん通信10号

旭川市の隣町・鷹栖町で活躍する、社会福祉士の西中裕一さんの活動を報告する「ばとん通信10号」を制作しました。

今回も関わったクライアントさんの気持ちや声、そのほか鷹栖町での活動も掲載されています。

地域に活気がなくなり、人と人との関係性が希薄になりますが、その人と人とを繋ぐことで新たな社会資源となりますし、病気や障がいをお持ちでも、その人に寄り添い伴走支援してくださる方がいれば、その人らしい人生を歩むことができます。

助けを必要とする方々に寄り添い奮闘する社会福祉士の西中裕一さんの活動を、どうぞご覧ください。