三井ヤスシ個展 MITSUI+WORLD – 2nd period –の展示作品紹介 その1

2018.02.06(9:13) カテゴリ:Exhibition

2/1から5月末日まで、旭川市のフィール4F・ブックマークカフェで展示している作品を少しずつ紹介したいと思います。

この作品は「K市の風景_61th」。キャンバスにアクリル絵の具で描きました。

20代半ばから「K市の風景」シリーズは描いていましたが、結婚して子どもが生まれてから画面に母と子が登場するようになりました。

現在私は幾つかのタッチを並行して描いていますが、それら全ては日常の生活の中で見聞きし感じ取ったものをテーマにして描いており、どこか遠くにあるイメージを描くのではありません。

母と子が登場した「K市の風景」シリーズですが、普段の生活の中で母と子の関わり合いを目の当たりにしていて、その面白さを感じたからこそ自然に画面に登場したと思っています。

資料を集めて入念に構想を練ってから描くのではなく、真っ白なキャンバスを前にするとそこに絵のイメージが浮かび上がってくるので、それを描き留める感じで筆を動かします。

手描きで絵を描くと気分が落ち着きリフレッシュすることができるので、パソコン作業と手描きを交互に行き来して作品を作っていきたいと思っています。

「K市の風景」シリーズに登場するようになった母と子ですが、この二人がこれからどのように変化していくのか楽しみです。