しらんがなー

2021.02.02(6:00) カテゴリ:Essay

曲解王で妄想80%の私は、目の前に起こる状況を正しく把握できず、頻繁に腹を立てたり混乱したりします。

普通に見ればどおっでことない現実なのに、私の受け止め方からとんでもない現実となってしまい、とても疲れてしまいます。

私と比較して、まだまだ小さい娘の方が正しく状況を捉えていて、「すでに私を超えている」と思うことがしばしばです。

そんな頼りになる娘に、混乱して不安になっている私が話を聞いて欲しくて話かけると、すかさず、

「しらんがなー」

と答えます。

(私)「ねえねえ、ちょっとこうなんだけど・・」

(娘)「しらんがなー」

(私)「実はさぁ、これ・・」

(娘)「しらんがなー」

(私)「あのね、・・」

(娘)「しらんがなー」

つまり、全く相手にされないのです。

娘に甘えることは自重しなければなりませんが、あまりに相手にされないのもなんだか寂しく感じてしまいます。

そんな娘ですが、体育座りをしてしょんぼりしている私の隣に座って、i Padから「ぴえんのうた」という曲を流してくれて、そっと励ましてくれます。

娘の優しさに救われている私です。