読書っていいな!(『私にとって神とは』遠藤周作)

一冊の本との出会いが、人生を大きく変えることがあります。 私にとってのその一冊が、遠藤周作さんの「私にとって神とは」です。 二十代中頃、上京してアルバイトをしながら絵を描いていた私は、貧しさの中、絵を描くことや生きるとい […]

続きを読む

斉藤美術研究所のK先生

高校時代と浪人中にお世話になった、山梨県の斉藤美術研究所のK先生が先月亡くなりました。 突然の訃報に驚くとともに、斉藤美術研究所在籍時代の思い出が目まぐるしく脳裏に浮かび上がってきました。 斉藤美術研究所の歴史は古く、1 […]

続きを読む

読書っていいな!(『草のうた』三浦綾子)

「せっかく旭川に住んでいるのだから、生涯執筆活動を旭川でなさった三浦綾子さんの本を読もう!」と手にした一冊が、この『草のうた』でした。 三浦綾子さん誕生から小学校時代までを描いた長編自伝小説であるこの本は、三浦文学の根底 […]

続きを読む

読書っていいな!(「新約聖書入門」三浦綾子)

「せっかく旭川に住んでいるのだから、生涯執筆活動を旭川でなさった三浦綾子さんの本を読もう!」と手にした一冊が、この「新約聖書入門」です。 難解な新約聖書を、つとめて平易に分かりやすく描かれているのがこの本です。 この本を […]

続きを読む

読書っていいな!(『石ころのうた』三浦綾子)

「せっかく旭川に住んでいるのだから、生涯執筆活動を旭川でなさった三浦綾子さんの本を読もう!」と手にした一冊が、この「石ころのうた」です。 石ころのような平凡な一少女であった三浦綾子さんの、女学生時代から小学校教師時代まで […]

続きを読む